もちな|愛知県

もち菜

雑煮には欠かせない!尾張藩の武家も食した伝統野菜

概要

愛知県尾張地方で、正月の雑煮に欠かせない伝統野菜が“もち菜”である。別名「正月菜」とも呼ばれている。菜=名、もち=持ち、「名を持ち上げる」食べ物として、江戸時代の尾張藩では、武家達が縁起担ぎに食していたとされる。見た目は小松菜に似ているが、葉の色が薄く柔らかい。葉肉は厚くシャキシャキとした食感が特徴。あまり日持ちがしないため、県外への流通はほとんどなく、地元でも生産量の減少により、あまり見かけなくなっている。そのため、代用品として小松菜が使われることも多くなっているそうだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県名古屋犬山・瀬戸・一宮岡崎・豊田・奥三河知多半島・常滑豊橋・渥美半島蒲郡・碧南
1月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP