おおぬまだんご|北海道

大沼だんご

一箱で3つの味が楽しめる大沼名物。つるんとした口当たりも◎

概要

大沼公園が道立公園に指定された明治38年に、地元の名物として誕生したのが“大沼だんご”。だんごは小指の先ほどの大きさで、串にはささず、中が仕切られた箱に詰められ、しょうゆあん、こしあん、ごまダレがかかっている。自家製粉したしん粉を蒸してから、地元の水で急激に冷すことでうまれるという、独特のつるんとした食感が特徴。店頭に訪れた地元のお客とのつながりを大切にしようと、店舗や商品数を増やさず、創業当時から変わらない場所で店を構えている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道函館
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP