さらだほうれんそう|和歌山県

サラダほうれん草

茎が細くやわらかで、ほんのりとした甘み。苦味がなく生食に最適

概要

ほうれん草には苦味の成分であるシュウ酸が含まれており、茹でることで水にとけ、苦味が消える。“サラダほうれん草”は、品種改良・水耕栽培によりシュウ酸含有量を落とし、苦味を消し、生のままでもおいしく味わえるほうれん草を目指して作られた。茎は従来のほうれん草に比べ細くやわらかで、ほんのり甘みが感じられるためサラダに最適。鉄、ベータカロチン、ビタミンCも豊富で、消化が良いのも特徴。ほうれん草の苦味が苦手な子どもでも、おいしく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 和歌山県和歌山市周辺有田・御坊高野山・九度山白浜・那智勝浦・串本
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP