なつひめ|鳥取県

なつひめ

糖度が高く、透き通るような甘さとみずみずしさが特徴の新品種

概要

鳥取県を代表する果物で特産品にもなっている“なし”の次世代を担う品種のひとつとして期待されているのが“なつひめ”。糖度の高い赤なし(なしの品種)の“筑水”に“おさ二十世紀”を掛け合わせた青なし(なしの品種)で、糖度12~13%と高糖度が特徴だ。酸味は少なく、透き通るような甘さと、みずみずしく上品な食感が楽しめる。8月中旬から下旬が旬。”二十世紀”よりも収穫時期は早いが、味わえる期間が短いので、時期を逃さずにいただきたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県鳥取市周辺米子・大山・境港倉吉・三朝
8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP