たいらかぶ|秋田県

平良(たいら)かぶ

地元民に愛され続けている、独特の風味と歯ざわりが自慢

概要

”平良(たいら)かぶ”は、手のひらにのるほどのサイズで、見た目は「ミニ大根」のような細長い形状をしているが、味はかぶそのもの。この”平良かぶ”は、明治時代より自給用として秋田県の平良地区で栽培されており、焼畑で栽培されていたこともあったという。味はパリッとして辛味があり、さっと湯がいて塩漬けにすると、辛味がさらに増すことから、こうじ漬けなどの漬物に使われることが多い。また、葉をつけたまま汁に入れると辛さが和らぎ、かぶ本来の甘みがにじみ出て、上品なかぶ汁として味わえるおもしろい食材である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 秋田県大仙・横手・湯沢
1月 2月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP