しょうないがき|山形県

庄内柿

種のない渋柿!緻密に引き締まった果肉と、上品な甘さが特徴

概要

”庄内柿”とは山形県鶴岡市の秋を代表する果実のひとつで、平べったい角型で種のない“平核無柿(ひらたねなしかき)”という渋柿の品種だ。糖度が高いのが特徴だが、渋柿であるため、“渋(主にタンニン)抜き”をしないと、渋くて食べることができない。渋抜きの方法としては、日持ちが良くなる炭酸ガスによる方法が主流だが、農園によっては、昔ながらのアルコールによる渋抜きも行われている。渋抜き後の庄内柿は、舌の上で溶けるような甘さと、みずみずしい歯ざわりが楽しめる。自然と渋が抜かれ甘みが増す干し柿も美味だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP