あいちけんのいかなご|愛知県

愛知県のイカナゴ

キラキラ輝く大群が伊勢や三河の湾に春を告げる

概要

加工されたものが”ちりめん”、”しらす干し”、”じゃこ”等の名前で知られる”イカナゴ”。関東・愛知では「こおなご(小女子)」とも呼ばれている魚で、生長すると20センチほどになるが、あまり大きなものは好まれず、主に4センチ前後のシラス期のものが漁獲されている。愛知県のイカナゴ漁獲高は全国有数で、主な漁場は伊勢湾や三河湾。漁が解禁されるのは3月で、春を告げる風物詩にもなっている。体が細長く、色は銀白。海を泳ぐ大群が光を浴びてキラキラと輝く様はとても美しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県名古屋犬山・瀬戸・一宮岡崎・豊田・奥三河知多半島・常滑豊橋・渥美半島蒲郡・碧南
3月 4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP