きようけんのしうまい|神奈川県

崎陽軒のシウマイ

横浜に行くと食べたくなる”崎陽軒のシウマイ”

概要

1908年(明治41年)横浜駅(現在の桜木町)で開業以来、豚肉をベースにしてホタテの貝柱のコク味を効かせることで、冷めてもおいしいシウマイを提供してきた「崎陽軒」。揺れる列車の中でも食べやすいように、大きさをひと口サイズにするなどの工夫を凝らすことで、瞬く間に広がり、ヨコハマ名物”崎陽軒のシウマイ”と呼ばれるまでになった。さらに、真空パックシウマイを開発することで、遠方へのおみやげとしても使われるようになり、現在でもヨコハマの定番みやげとして知られている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県横浜みなとみらい元町・中華街
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP