にしかなさじんじゃ|茨城県

西金砂神社

概要

西金砂山の頂上にある神社で、祭神は大己貴命と国常立命と少彦名命。大同元(806)年に宝珠上人が、社殿を造り祭壇を設けて、近江国比叡山の日吉神社の分霊を勧請・祭祀したのが始まりとされます。社地は自然林に囲まれた西金砂山の一帯を占めており、県の天然記念物にも指定されている大イチョウ、大サクラなどの名木の数々を見ることができます。72年ごとに行われる大祭礼や6年毎に行われる小祭礼の際に奉納される田楽舞(国選択・県指定無形民俗文化財)でも名を馳せています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 茨城県日立・高萩・奥久慈
住所 茨城県常陸太田市上宮河内町1915
電話番号 【所在地】TEL:0294-76-9251 / 【問合せ】TEL:0294-76-9251
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】806年

西金砂神社へのアクセス

常陸太田駅からバスで45分 → バス停から徒歩で60分 *山頂まで徒歩。

PAGE TOP