おぐらにくうどん|福岡県

小倉肉うどん

いわゆる“肉うどん”とは一線を画す、肉!!うどん

概要

昭和30年代に小倉で生まれた“小倉肉うどん”。個人経営の小さな店で提供されることが多いことから、地元でも知る人ぞ知る隠れた人気メニューであったが、近年のご当地グルメブームの影響でじわじわと話題を集めている。通常、牛の頬肉が使われ、一口大の肉がごろごろと乗り、ネギとおろしショウガを入れて食べる。かなり濃色の出汁が一般的でやや甘いのが特長。肉汁の旨みがコクとなり、味わい深い。牛の頬肉を“どぎ肉(どき肉)”と呼ぶことから“どぎどぎうどん(どきどきうどん)”の名も使われる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福岡県北九州・門司・小倉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP