ほっかいどうすーぷかれー|北海道

北海道 スープカレー

薬膳スープが始まりのご当地カレー代表格。季節の味がゴロッ!

概要

もともとは薬膳スープにカレー味を付けたのが始まりとされる説が有力。1970年代に札幌市の喫茶店が、提供していた薬膳スープにカレー味を付けて販売したところ常連客からの評判もあり大ヒット。噂を聞きつけた札幌市内のお店が次々とスープカレーを販売し、体を温める作用や食欲をそそる香りと辛さが癖になり地元の人々の定番メニューとなった。
横須賀海軍カレーに代表されるように、日本で進化をとげたカレーの多くは小麦粉でとろみを付けたもので、ご飯にかけて食べるものが多い。しかし北海道のスープカレーは元々がスープであるため、その食べ方もあくまでスープ的だ。ロシアのポトフに近いと言ってもいいかもしれない。
スープは、和風だしやチキンスープなど様々なストックがあり、辛味も基本的には辛めのものが多いが各店により異なる。具材は大きく、北海道ならではの野菜や魚介、肉類を豪快に盛り付ける。じっくり煮こんであるため、スプーンでほぐしながらスープとともに食べる。ライスも別盛りで、スプーンにライスをとってスープ側に浸してから食べる。
今では札幌市内に数多くの専門店が存在し、各店の味を競っており、その種類の多さも北海道民の心を掴んで離さない要因のひとつだ。
寒さ厳しい地域ならではの知恵と工夫が施されたメニュー。北海道の空気の中で食べれば、その味はまた格別。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・利尻・留萌富良野・美瑛知床北見・紋別札幌十勝(帯広)・日高登別・洞爺湖・苫小牧函館小樽・ニセコ・余市旭川釧路・網走・根室
別名 スープカリー スープカレー
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP