うつのみやふたあらやまじんじゃ|栃木県

宇都宮二荒山神社

概要

約1,600年前に豊城入彦命と大物主命を祀ったのが始まり。宇都宮は、この二荒の杜を中心に栄えてきた街。今も昔も二荒山神社は宇都宮に住む人の心のよりどころ。お正月・七五三・受験祈願など、暮らしの節目ごとに多くの市民が参拝する。その歴史は古く、起源は約1,600年前。宇都宮の始祖・豊城入彦命をまつっている。この神社が下野「一の宮」と呼ばれていたことから、宇都宮の地名がついた、との説もある。社宝は鉄の狛犬と三十八間星兜で、どちらも国の重要美術品に認定されている。夜はライトアップされる参道と門が美しい。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 栃木県宇都宮
住所 栃木県宇都宮市馬場通1丁目1番1号
電話番号 【所在地】TEL:028-622-5271 ; FAX:028-624-3204 / 【問合せ】TEL:028-622-5271 ; FAX:028-624-3204
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】353年

宇都宮二荒山神社へのアクセス

北関東自動車道宇都宮上三川ICから車で30分 *(注)所要時間は交通事情により変わります。(注)駐車場300台(有料)
JR宇都宮駅からバスで5分 *JR宇都宮駅西口バスターミナルより市内バス乗車、「馬場町(二荒山神社前)」下車 → 「馬場町(二荒山神社前)」から徒歩
東武宇都宮駅から徒歩で10分
東北自動車道鹿沼ICから車で20分 *(注)所要時間は交通事情により変わります。(注)駐車場300台(有料)
東北自動車道宇都宮ICから車で25分 *(注)所要時間は交通事情により変わります。(注)駐車場300台(有料)

PAGE TOP