ぎゅうなべ|神奈川県

牛鍋

すき焼きの元祖!横浜生まれの牛鍋は”文明開化の味”がする

概要

“すき焼き”の元祖ともいわれる“牛鍋”は、文明開化がうたわれた明治時代の横浜が発祥。港町であったため、多くの西洋文化の影響を受け、外国人居留地の近くでは、西洋人の真似をして牛肉を提供する店が出始めたという。最初は串に刺して焼くだけだったが、日本人の口に合うようと、現在の牛鍋が考え出された。ちなみに、すき焼きは地方によって肉を焼いてから割下を入れるか、割下を入れてから肉を煮込むか作り方が異なる。“牛鍋”は後者で、明治から続く店では、牛肉を薄切りではなく、ブツ切りにした“牛鍋”もある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県横浜みなとみらい元町・中華街八景島
通年
住所 神奈川県神奈川県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP