むらのさけ|千葉県

むらの酒

自慢の米からうまれた南房総三芳村の銘酒”むらの酒”

概要

千葉県三芳村の米作りに関わっている有志で結成された「三芳村蛍まい研究会」。そのメンバーたちの「自分たちが作った米で酒を造りたい!」という強い願いを実現させて誕生したのが”むらの酒”だ。丹精込めて作りあげた”ひとめぼれ”を精米歩合60%まで磨き上げて作られた酒は、気高い花蜜のような芳香を持ち、繊細でやわらかな味ながらも、キレのある酸味が感じられる傑作。値段も手頃なので、おみやげ用や普段の晩酌にもおすすめの逸品だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県館山・南房総
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP