かんじめほうれんそう|岩手県

寒締めほうれんそう

厳しい寒さにさらされたほうれんそうは、葉が肉厚で甘みも濃厚

概要

生育したほうれんそうを冬の寒さにさらすと、寒さから身を守るために水分を外に出して凍らないようにし、葉に糖を蓄え、ビタミンや鉄分などの栄養分が凝縮される。その性質を利用し、栽培開発されたのが“寒締めほうれんそう”。岩手県にある能研機構東北農業研究センターが、冬場のハウス栽培を研究している過程で「育った後で寒さに当てたら、甘みが増すのでは?」と、試しにハウスの窓を開けたのがきっかけ。寒締めほうれんそうは、甘みはもちろん、葉も肉厚で味が濃厚なので、しゃぶしゃぶでその旨味を堪能するのもおすすめだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
1月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP