ふくしまけんのあさつき|福島県

福島県のあさつき

冬が旬の貴重な青菜は、軽く火を通してやわらかな甘みを楽しむ

概要

ねぎの仲間で、根の浅いところでできるところから“あさつき”という名前がついたと言われる。旬は冬で、収穫時期と雪が積もる期間が重なることから、生産量が非常に少ない。本来は、福島県二本松市地方の在来種で、寒い時期の青菜として貴重な存在だった。葉が非常に細く、独特の辛みとシャキッとした食感が魅力で、薬味としてはもちろん、さっと火を通すとほんのりとやわらかな甘みが出て、一度食べたらやみつきに。和え物や炒め物、天ぷらなどで楽しみたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福島県福島市周辺
1月 2月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP