かぼすひらめ|大分県

かぼすヒラメ

黄色いシートで覆われた水槽で育った、黄金色で肉厚な養殖ヒラメ

概要

高温に弱いヒラメにとって、リアス式海岸が続く大分県南の沿岸部の内湾は、夏でも比較的水温が低く保たれるため養殖には最適。養殖ヒラメの生産量は、全国トップクラスを誇り、色も肉質も良いと評価も高い。色がきれいな秘密は、養殖する水槽の壁を覆う黄色いシート。海底を這うヒラメが、砂と同化した茶色であることに着目し、養殖する水槽の壁を黄色にしたところ、ヒラメの色が黄金色になったという。また、大分特産のかぼすジュースをエサに混ぜた“かぼすヒラメ”は、肝に臭みがなく、エンガワもさっぱりしていると注目されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP