わけぎ|広島県

わけぎ

古くから冬の栄養源として親しまれた瀬戸内海沿岸地域の名産品

概要

広島県では、尾道市・三原市を中心に古くから“わけぎ”の生産が行われてきた。12~3月に旬を迎えるため、緑黄色野菜の少ない冬の栄養源として重宝されていたという。ひとつの球根から数個に株別れすることから“わけぎ”と呼ばれるようになったともいわれ、見た目はねぎとよく似ているが、根の部分がふくらんでいるのが特徴。広島のわけぎは、やわらかくて甘みが強く、香りがまろやかだと人気が高い。クセもないので、ぬたやサラダ、炒め物など様々な料理に使われる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 広島県宮島・広島市三次・世羅・庄原福山・鞆の浦呉・江田島尾道・因島・しまなみ海道竹原・三原
1月 2月 3月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP