かやくごはん|大阪府

かやくご飯

冷めても美味しい、大阪庶民が愛する「加薬」ごはん

概要

大阪では、五目ご飯、混ぜご飯、炊き込みご飯のことをかやくご飯と呼び、庶民の味として深く浸透している。かやくとは「加薬」のことで、旬の野菜を加えて栄養価を高め、薬効をあげることから命名されたと伝わる。加薬を辞書で調べると「主に関西で、五目飯やうどんなどに入れる肉・野菜。具。種」とある。

【歴史・由来】
大阪で特に愛されている理由は、冷えても美味しく具材が豊富でおかずがなくてもいいこと、残りの野菜を使って無駄なく作れることなどの合理性が、大阪人の気質に合うからという説がある。

【作り方】
・鶏肉、コンニャク、ニンジン、油揚げなどの具材、出汁、お米を炊飯器に入れて炊く。

【食べるシーン】
運動会や遠足の日の夕食、ちょっとしたご馳走。

【提供店】
うどん屋のサイドメニューとして提供されていることが多い。




基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
通年
住所 大阪府大阪府_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP