みなみぼうそうさんたい|千葉県

南房総産鯛

鯛の本場、南房総の富浦地区で新鮮な鯛の旨みを堪能する

概要

千葉県の富浦地区では、昔から鯛の養殖が行われており、江戸時代には「江戸市場の鯛の相場は、富浦が作る」といわれるほど有名だったという。現在でも、「鯛の町」として養殖が盛んに行われており、地域の名産品となっている。その富浦地区で、鯛料理といえば”しゃぶしゃぶ”。新鮮な鯛の切り身を出汁にさっと通して、きゅっと締まった身には、薬味じょうゆがよく絡み、生の鯛の旨みと絶妙な味わいが楽しめる。”鯛の姿焼き”や”鯛めし”、お酒の席のシメにぴったりの”鯛茶漬け”もおすすめだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県館山・南房総
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP