まつまえいっすんそらまめ|愛媛県

松山一寸(いっすん)そらまめ

食べ応えのある大きさと味が魅力の”松山一寸そらまめ”

概要

愛媛県の松山市の農林水産ブランドにも認定されている”松山一寸そらまめ”。江戸時代末期に京都から伝わって以来、松山周辺に栽培が広まり、地域に根付いたようだ。ひと粒が一寸(約3センチ)を超えるという大きさが特徴で、4~5月の旬の時期には首都圏にも多く出荷され、「大相撲夏場所」の名物食として夏の風物詩のひとつにもなっている。そのままゆでて食べたり、実をスープに入れて食べるのが一般的だが、さやがついたまま炭火で表面がこげるくらいまで焼くと、ホクホクした食感で、豆の甘みが味わえておいしいとのことだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県松山・道後温泉
4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP