こしきりょうり|千葉県

古式料理

奈良時代以前の料理を、現代に蘇らせた”古式料理”

概要

千葉県の千倉町にある高家神社(たかべじんじゃ)は、料理の祖神がまつられており、それにちなんで、古代の歴史書「日本書紀」や「高橋氏文」などで見られる料理を再現したのが「古式料理」だ。日本料理に欠かせない”しょうゆ”がうまれる前の料理だといわれ、味付けには塩と穀物を醸造して作られた”ヒシオ”を用いられ、米の代わりには稲の原種といわれる古代米が使われる。器に素焼きの皿や、柏、朴の葉といったものを使って出すお店もあり、現代に蘇った古の食卓にロマンが感じられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県館山・南房総
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP