ぼうしゅうくろあわび|千葉県

房州黒アワビ

天然アワビならではの大きさと旨みが堪らない”房州黒アワビ”

概要

千葉県の”黒アワビ”は、奈良時代に食べられていたという記録が残っているほど、地域と深いつながりがあり、現在でも、昔ながらの海女漁でとられるため、傷が少ない良品として評価が高い。そのなかでも、5月1日~9月15日の間にとられ、12センチを超える黒アワビは”房州黒アワビ”という銘がつけられて出荷されている。”房州黒アワビ”は、しっかりとした歯応えがあり、染み出るようなアワビ特有の味わいに加え、潮の風味が絶妙なスパイスとして加わり、他のアワビとはひと味違う味わい深さが楽しめる。ぜひ食べてみて欲しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県成田・佐倉銚子・佐原九十九里館山・南房総鴨川・勝浦木更津・君津千葉市・浦安・幕張柏・松戸
5月 6月 7月 8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP