まつやますしもぶりめし|愛媛県

松山鮓(もぶり飯)

文豪、正岡子規と夏目漱石が愛した松山の郷土寿司

概要

エソやトラハゼなどの瀬戸の小魚でとった出汁と甘めの酢を用いて酢飯をつくり、アナゴやエビ、タコなどの瀬戸内の魚介類、錦糸卵やショウガなどを盛り付ける。松山では、混ぜることを「もぶる」ということから、もぶり飯やもぶり鮓とも呼ばれる。

【歴史・由来】
松山では祝い事や客をもてなす際にばら寿司をふるまう習慣があり、瀬戸内の食材を贅沢に散りばめた松山鮓がうまれたとされる。明治時代、夏目漱石が松山にある正岡子規の家に立ち寄った際に松山鮓がふるまわれ、とても喜んだというエピソードが伝わる。

【作り方】
・エソやトラハゼなどでとった出汁と甘めの酢を用いて酢飯をつくる。
・味付けしたアナゴや酢でしめたサバやサワラ、刺身、錦糸卵やショウガなどを盛り付ける。

【食べるシーン】
お祝いの際や来客時、人が集まる時に食する。

【提供店】
日本料理すし丸本店やふなやなど松山市内の寿司屋や飲食店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県松山・道後温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP