はえざくらのしおづけ|神奈川県

八重桜の塩漬け

江戸時代から続く技と味を、桜茶や和菓子、あんぱんなどで楽しむ

概要

秦野市千村では、江戸時代から八重桜を摘み、塩漬けにしてきた歴史がある。現在では、桜の出荷量は年間約15トン。国内生産量のほとんどを占め、桜茶の他、あんぱん、和菓子などの材料として使用されている。地元では、祝い事で桜湯を飲む風習があるなど、古くから人々の生活と密着してきた桜。桜漬け専用の八重桜は「観山」という晩生種で、五分咲きの時に一気に花を摘み取ってしまうため、地元では別に観賞用の八重桜を数百本植えているそうだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県厚木・丹沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP