いちわんみそしる|京都府

一わんみそ汁

京都の老舗味噌店が作る本格的な味噌汁が手軽に味わえる

概要

天保元年(1830年)に、宮中の料理用に味噌を献上したのをきっかけに創業された「本田味噌本店」。その自慢の味噌をフリーズドライにして、麩焼に包みこんである、手軽なお味噌汁の素が“一わんみそ汁”。お椀に割り入れ、お湯を注げぐだけで、香り豊かな本格的な味噌汁ができ上がる。種類は、油揚げと大根を甘辛のあわせ味噌で仕立てた油揚げの”ふくさ汁”、豆腐とわかめの”赤みそ汁”、なめこと三つ葉のほんのり甘い”京風赤だし汁”の3種類。その日の献立によって、味が選べるのが嬉しい。

PAGE TOP