めいぶつみむろ|奈良県

名物みむろ

100年以上の伝統を持つ銘菓。小豆と香ばしい皮が香り高い

概要

”名物みむろ”は、その製法を弘化年間(1844~48)より受け継いできた小豆の香り高い最中菓子。その名は、製造元である「白玉屋榮壽」の守護神三輪明神大神神社の御神体山「三諸(みむろ)山」にちなんで名付けられたという。奈良県宇陀市周辺の特産品である”大和大納言小豆”で作ったあんのほのかな甘さと、香ばしい皮との組みあわせが格別な風味を醸し出す。風味を損なわずに日持ちをするため、大和上街道の宿場街の人々に銘菓として名を馳せてきた。大型、小型の2サイズあり、どちらも1個から購入できる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 奈良県明日香・橿原
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP