かきのはすし|奈良県

柿の葉すし

柿の葉とすし飯の豊かな香りが食欲をそそるきっちり四角いお寿司

概要

”柿の葉すし”は、魚の切り身をすし飯にのせ、香り豊かな柿の葉で包んだ押し寿司。箱を開けた時、几帳面に収まった寿司が印象的だ。すし飯に使われているのは、粘りが弱く、ほどよい硬さを持ち、寿司米に好適といわれる滋賀県産の近江米“日本晴”。主役となるこだわりの魚は3種が用意されており、“サバ”は、古くから伝えられてきた定番の味で、酢でしめたサバの切り身をのせたもの。青魚特有の風味が苦手な方は、あっさりと頂ける“サケ”や、淡泊でありながら滋味豊かな旨みの“鯛”がおすすめだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 奈良県奈良市・天理・法隆寺明日香・橿原吉野・天川村・十津川
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP