そふとかつげん|北海道

ソフトカツゲン

コンビニや食料品店でも販売している人気のさわやかな乳酸菌飲料

概要

昔から親しまれてきた北海道および東北地方のみで販売されている人気の乳酸菌飲料。昭和初期、北海道製酪販売組合(雪印乳業)へ帝国陸軍からケガをした軍人に活力を与える商品を作って欲しいと頼まれたことがカツゲンの起源だ。当初は”活素(かつもと)”という名前だったが、昭和31年に”活源(かつげん)”と改名。昭和54年から”ソフトカツゲン”として販売されている。季節ごとにフレーバーを変更し、いちご、白ぶどうなどのフレーバーカツゲンも登場。道民には馴染み深い飲み物で、さわやかな味が特徴だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP