あさひまめ|北海道

旭豆

口どけ軽やか。100年以上地元で愛されているお菓子

概要

「地元十勝でとれる大豆で菓子を作ろう」と、明治35年に誕生して以来、100年以上経った現代でも、十勝で愛されている炒り豆のお菓子が”旭豆”。豆の煎り具合から、蜜の煮詰め加減まで、職人たちが代々受け継いできた昔ながらの製造法で作られている。十勝の音更(おとふけ)町で生産される糖度の高い大粒の大袖振大豆を、士別産の甜菜(てんさい)糖で作った砂糖衣でくるみ、カリッとした歯応えで軽く砕けて、やさしい甘みが口の中で広がる。昔から変わらない素朴で懐かしさのある味わいだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・留萌・利尻旭川・富良野・美瑛知床・網走・北見札幌十勝・釧路・根室洞爺湖・登別・日高函館小樽・余市・ニセコ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP