たかさきじょうし|群馬県

高崎城址

概要

慶長3年(1598)、徳川家康が井伊直政に命じ、開通直後の中山道の要衝和田城跡に築かせた平城で、元和5年(1619)に入城した安藤氏三代77年のうちに全城郭が完成した。安藤氏は寛永10年(1633)に起きた徳川忠長幽囚自刃事件の責めを問われ重長、忠長は切腹を命じられた。現在は外堀の一部がわずかに残る。◎井伊直政(1561-1602)家康の家臣で徳川四天王の一人。彦根藩井伊家の祖。父は遠州井伊谷の豪族で今川氏の家臣であった。赤備隊として有名。◎徳川忠長(1606-32)徳川秀忠の三子で、駿河・遠江・甲斐・信濃のうち五五万石を領し、駿河に住んだ。兄家光に対抗したため罪に問われ自殺した。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県高崎・前橋
住所 群馬県高崎市高松町
電話番号 【問合せ】TEL:027-321-1292 ; FAX:027-328-2261
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時代】江戸

高崎城址へのアクセス

高崎駅西口から徒歩で15分

PAGE TOP