じげんいん(たかさきびゃくいだいかんのん)|群馬県

慈眼院(高崎白衣大観音)

概要

烏川を渡った高崎市南西部に広がる、標高200m前後の丘陵に高崎市のシンボル白衣大観音がある。白衣大観音は、市内実業家井上保三郎が3年の歳月をかけて1936(昭和11)年に完成させた。鉄筋コンクリート造りで、高さ41.8m、重さ5985トンのコンクリート造り。原型は彫刻家森村酉三の作。胎内は9階の構造で各階あわせて20体の仏像が安置されており、胎内めぐりができる。随所にある窓から見る上毛三山の眺めは圧巻である。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県高崎・前橋
住所 群馬県高崎市石原町2710-1
電話番号 【所在地】TEL:027-322-2269 ; FAX:027-326-6131 / 【問合せ】TEL:027-322-2269 ; FAX:027-326-6131 ; Mail:info@takasakikannon.or.jp ; URL:http://www.takasakikannon.or.jp/
営業時間 公開:9:00~17:00 / 公開:9:00~16:30 冬 
定休日 休業:無休
料金 【大人】300円 *胎内拝観 / 【その他】100円 *小人
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】1936

慈眼院(高崎白衣大観音)へのアクセス

高崎駅西口からバスで20分 → 観音山頂下車から徒歩で5分
関越自動車道高崎ICから車で20分

PAGE TOP