すいさいのもり|北海道

水彩の森

ブナ北限の里で生まれた銘水。めずらしい中硬水でミネラル分たっぷり

概要

札幌と函館の中間に位置する黒松内町には、太古に形成された二枚貝の化石層が広く分布し、この貝殻地層によって長い年月をかけてろ過されて誕生したのが”水彩の森”だ。悠久の時を経て、北海道の大自然が育んだ名水は、日本ではめずらしい中硬水。比較的硬度が高く、ミネラル分をバランスよくたっぷりと含みながら、弱アルカリ性のクセのないすっきりとした飲み味となっている。黒松内町にある工場の敷地内には無料の水汲み場があり、水を持ち帰る人の姿を見かけられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道小樽・余市・ニセコ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP