きよさと(きよさとちょうじゃがいもしょうちゅう)|北海道

きよさと(清里町じゃがいも焼酎)

”幻の焼酎”と呼ばれた日本で初めてのじゃがいもから作った焼酎

概要

清里町は、知床半島のつけ根に位置し、全国有数の大規模農場が広がる緑豊かな町。「特産物をいかした町づくりを」と、じゃがいも焼酎の開発に取り組み、昭和54年、着手から5年の歳月をかけてついに日本で初めてのじゃがいも焼酎”きよさと”が誕生した。特産のじゃがいもを原料とし、仕込み水、割水には、斜里岳と摩周湖の湧水を水源とする水を使用。かすかなじゃがいもの香り、ほどよい甘みとコクがあり、飲みやすい焼酎は、お湯割りでも水割りでも楽しめる。販売当初、数量限定のため、たちまち売り切れとなり「幻の焼酎」といわれた。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道知床・網走・北見
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP