きゅうもてぎけじゅうたく|群馬県

旧茂木家住宅

概要

関東周辺はもとより、板ぶき屋根の民家としては全国的にも最も古い建築方式で大永7年(1527)の建築。大黒柱が棟木を直接受けて、天井がないのが特色で、昭和45年6月、国の重要文化財に指定された。52年、それまであった同市神農原の茂木家から宮崎公園に移築されたが、同時に文化庁によって大修理が行われ、昔の建築方式をそのまま取り入れて約7割が新しくなっている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県富岡・下仁田
住所 群馬県富岡市宮崎329(宮崎公園内)
電話番号 【所在地】TEL:0274-63-0317 / 【問合せ】TEL:0274-62-1511
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【建築年代1】室町後期(1527)

旧茂木家住宅へのアクセス

神農原駅から徒歩で10分

PAGE TOP