あごいりひょうしろうだし|福岡県

あご入兵四郎だし

手作業にこだわって作っている。九州では欠かせないあごだし

概要

アゴとはトビウオのことで、焼きあごは縁起が良いと言われている。その焼きあごから作った出汁は旨みとコクが深く、博多の正月料理には欠かせない。アゴは平戸沖で秋のお彼岸前後の1ヶ月間にとれたものだけを使用。鮮度と工程にこだわり、水揚げされたばかりのアゴを1尾ずつ素早く串刺しにして炭火で焼き上げ、仕上げに浜風で天日干しにする。配合される素材は、北海道産の昆布、九州産のしいたけなど、こだわりの素材で全国から集めている。出汁としてだけではなく、チャーハンの味付けに使うなど、和洋中問わず調味料としても活躍する。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福岡県博多・天神・太宰府筑豊柳川・久留米・筑後北九州・門司・小倉糸島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP