けいらんそうめん|福岡県

鶏卵素麺

330年もの長きにわたり受け継がれてきた、博多の伝統菓子

概要

「金沢森八」の”長生殿”、「長岡大和屋」の”越乃雪”と並んで日本三大銘菓のひとつに数えられる「博多松屋」の”鶏卵素麺”。その発祥は、330年ほど前、砂糖が高級食材だった時代に、黄味と砂糖のみでできている南蛮菓子”フィオス・デ・オーヴォス(ポルトガル語で「卵の糸」)”をもとに、松屋初代、松屋利右衛門が、点心師に教えを受けながら、日本の風土に合わせたレシピを作り、完成させたといわれる。初代から変わらぬ伝統の味を現代まで引き継ぎ、甘く豊かな香りと、しっとりとした食感の味わい深さを堪能して欲しい。

基本情報

ジャンル お土産
地域 福岡県博多・天神・太宰府
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP