千葉県
はかりめどん

はかりめ丼

名産「アナゴ」を煮てどんぶりに。富津を代表するB級グルメ

  • はかりめ丼
  • はかりめ丼

[画像提供]:富津市経済環境部商工観光課

「はかりめ」とは本来ははかりのことで、富津ではアナゴを指す。もともと、細長くて側線孔の連なるアナゴの姿が、魚市場で使われている棹はかり(棒はかり)の細長くて目盛りがふられた形に似ていることから、魚市場内で使われ始め、それが一般にも広まったものらしい。そのはかりめを使った“はかりめ丼”は、特産のアナゴを開いて煮穴子にし、どんぶり飯の上に盛り付けてできる。いわゆる穴子丼だ。天ぷらは見かけるが、煮たアナゴを使うどんぶりはこの土地ならではの郷土料理だ。

PAGE TOP