しみずようかん|島根県

清水羊羹

なめらかな食感がおいしい羊羹。サイズも豊富でおみやげにぴったり

概要

安来市の清水寺は、587年に開かれたという長い歴史を持ち、現在は観光地としても親しまれている。その清水寺の名物が”清水羊羹”。中国で食べられていた羊の肝料理が日本に伝わり、修行僧たちが肉の代わりにあずきやくず粉などを蒸して固め、羊の肝に見立てて作った精進料理が由来だといわれる。水あめを入れて練り上げられているので、舌ざわりが良くなめらかで、あずきの味がしっかりと出ており、甘過ぎず食べやすい。最近では女性が気軽に食べられるミニタイプも登場し、人気を博している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 島根県松江・玉造温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP