きゅうしんまちぼうせきじょ|群馬県

旧新町紡績所

概要

明治10年10月にわが国最初の屑糸紡績所として建てられ、その開所式には大久保利通や伊藤博文、大隈重信ら当時の重鎮たちが出席、石造りの高層2階建てに驚いたという。また赤レンガの糸庫はスイス人ヘール、ドイツ人マルチン、グレーベンらの指導で建てられたもので、当時の記録によると総工費は1,550円だった。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県高崎・前橋
住所 群馬県高崎市新町2330
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 ※旧新町紡績所は食品工場内にあるため現在公開していません。

【建築年代1】明治前期(1877)

旧新町紡績所へのアクセス

新町駅から徒歩で15分

PAGE TOP