たきいちじく|島根県

多伎いちじく

上品な風味があり、料理人からも注目を浴びるフルーツ

概要

現在、全国的に栽培されているいちじくの多くは、明治時代に入ってきた西洋種の”桝井ドーフィン”という品種だが、島根県で栽培されている”多伎いちじく”は”蓬莱柿(ほうらいし)”といわれる品種で、1624~1644年頃にポルトガル人から伝わったといわれる。小ぶりだが、糖度が高く、多くのミネラルや食物繊維を含んでいる”多伎いちじく”は、ジャムやドレッシングなど加工品によく用いられ、シェフやパティシエからの評価が高いいちじくだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 島根県出雲・石見銀山
8月 9月 10月
住所 島根県出雲市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP