きゅうくろさわけじゅうたく|群馬県

旧黒沢家住宅

概要

上野村楢原の国道299号沿いにある江戸期の建物。黒沢家は代々天領山中領(奥多野)の大名主だった。また御林守として、御鷹狩り用の鷹を飼育する御巣鷹山の管理にもあたっていた。現存するこの建物は美しい切妻造りの住宅。18世紀の中ごろの建築とみられている建物は間口22メートル、総2階、大きな玄関が2つあるのが特色。屋根は板葺きの石置き。大名主としての格式を誇っている。現在2階は上野村の民俗資料が展示されている。国指定重文。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県富岡・下仁田
住所 群馬県多野郡上野村楢原200-9
電話番号 【問合せ】TEL:0274-59-2657 ; URL:http://www.vill.ueno.gunma.jp/kanko/dento/index.html
定休日 休業:(水)
料金 【大人】300円 / 【子供】100円
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【建築年代1】江戸時代 *18世紀中頃

旧黒沢家住宅へのアクセス

新町駅から日本中央バスで120分 → 楢原から徒歩で25分
下仁田ICから車
本庄児玉ICから車

PAGE TOP