うっぷるいのり|島根県

十六島のり

繊細な歯応えと磯の香りが強い希少な岩のり

概要

島根県出雲市の十六島(うっぷるい)地方でとれる“十六島(うっぷるい)のり”は、出雲地方の正月の雑煮に欠かせないといわれる岩のりで、つややかな黒色を持ち、磯の香りが高く、やわらかな口当たりと独特の弾力ある歯応えが魅力。寒さが一番厳しい12~2月の時期に、機械が入れない足場の悪い岩場に好んで自生するため、すべて手作業で摘みとられている。様々な料理に用いられるが、地元のおすすめ料理は天ぷら。油で揚げると、より塩の香りが引き立ち、ほど良い塩分とサクッとした食感が楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 島根県出雲・石見銀山
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP