しょうゆもち|愛媛県

しょうゆ餅

昔ながらの素朴な味が楽しめる松山みやげの定番品

概要

愛媛県松山市の郷土菓子で、米粉、しょうゆ、砂糖を練り上げたものを、適当な大きさに丸めて蒸して作る菓子。”しょうゆ餅”はおみやげの定番品である”ういろう”に似ているが、最大の特徴はしょうゆを入れること。元禄年間(1680~1709年)の頃、松山城下の武家町家で、ひな祭り(桃の節句)に米粉としょうゆを使ったもちをお供えしたのが始まりだといわれる。松山市のおみやげとして人気があり、お店によって様々な味付けをしたしょうゆ餅が売られている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県松山・道後温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP