ふきわれのたき|群馬県

吹割の滝

概要

群馬県沼田市にある滝。高さ7m、幅30m。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名がついた。浸蝕されたV字形の岩盤を、水が両側面から落ちている珍しい滝で、「東洋のナイアガラ」ともよばれる。吹割伝説が伝えられている。 (竜宮に通ずるといわれる吹割の滝壺では、村人が振舞事があるたびに竜宮にお願いして膳椀を借りては、お礼状をつけて滝壺に返していた。手紙は滝に投げ込むと、渦に巻き込まれ竜宮へと吸い込まれた。ある年、膳椀を一つ返し忘れてしまい、以後、お願いしても膳椀を借りることは出来なくなってしまう。今でも返し忘れた膳椀は竜宮の椀とよばれ、大切に保存されている。)冬期(12月中旬~翌年3月)は、遊歩道通行止め。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県尾瀬・沼田
住所 群馬県沼田市利根町追貝
電話番号 【問合せ】TEL:0278-56-2111 ; FAX:0278-56-3674 ; URL:http://www.city.numata.gunma.jp/tone/sightseeing/s_page01.htm
営業時間 営業:~春夏秋 冬期間は遊歩道閉鎖
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【規模】落差7m/幅30m

吹割の滝へのアクセス

沼田駅からバスで50分
沼田インターから車で35分

PAGE TOP