とっとりけんのとちもち|鳥取県

鳥取県のとちもち

手間暇かけても食したい、栃の実の香りがふんわりと香る懐かしさ

概要

縄文時代から食べられていたとされる栃の実(とちのみ)をもち米と一緒に蒸してついたのが“とちもち”。こしあんを包んだり、あんで周りを覆ったりと、お店によって作り方は様々だが、どれも素朴で昔ながらの味わいが楽しめる。栃の実は、とてもアクが強いという特徴があり、そのままで食べられない。そのため、昔の人たちは、おいしく食べるために様々な方法でアク抜きを行っており、方法によってはアク抜きだけで1ヶ月かかることもあったという。先人の知恵と、手間暇を惜しまない気概が、現在のおいしい栃の味をうみだしたようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県鳥取市周辺米子・大山・境港倉吉・三朝
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP