くじがわのしがもち|茨城県

久慈川の氷華餅

久慈川の神秘「氷花(しが)」の美しさを表現した和洋折衷菓子

概要

茨城県大子町の冬の風物詩ともいえる「氷花(シガ)」。厳しい寒さが連日続いたあとの冬の朝、久慈川に流れてくるシャーベット状の流氷のことで、そのシガをお菓子で表現したのが”久慈川の氷華餅(しがもち)”だ。生クリームとあんをもち米100%で包んだ生クリーム大福に、氷をイメージした寒天をまぶしたもので、甘すぎない上品な味わいが人気の商品。「こしあん」、「ごま」、「そば」をはじめ、町の特産品「りんご」や「ブルーベリー」、「プリン」など、12種類の味が用意されているので、好みで選んで味わえる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 茨城県日立・高萩・奥久慈
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP