いのししどん|千葉県

イノシシ丼

甘辛いすき焼き風の味付けとしっかりとした歯応えは、稀少な味

概要

山里として知られる大多喜町周辺は、イノシシが多く生息している地域で、罠でしとめたイノシシを食肉用に加工して地域の名産品として活用しようと考案されたのが”イノシシ丼”だ。イノシシ肉に甘辛いすき焼き風の味付けを施し、どんぶり飯の上にたっぷりとのせて食べれば、豚肉や牛肉に比べてしっかりとした歯応えでコク深い肉のおいしさと、ご飯の絶妙な味わいを堪能できる。ただし、食用としてイノシシが飼育されているわけではないので、捕獲した都度の提供となり、1日10食前後の限定になっていることが多いようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県鴨川・勝浦
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP