ぐら(ぐび)|京都府

グラ(グビ)

つるんとした食感がたまらない稀少な魚。丹後の冬に欠かせない味

概要

京都・丹後半島で”グラ(またはグビ)”と呼ばれる魚は、正式名を「ノロゲンゲ」といい。白色で細長い体を持ち、ゼラチン質でヌルッとしている体表を持つのが特徴。冬にズワイガニと一緒に底引き網漁でとれる魚だが、近年は漁獲量が非常に少なく、現在では「幻の魚」ともいわれている。食べ方は”グラ汁”と呼ばれるお吸い物をはじめ、お刺身、一夜干し、天ぷらなど、どんな調理でもおいしく食べられ、魚好きには堪らない味。火を通すと、グラ特有のゼラチン質のつるんとした食感は、一度食べると病みつきになる人も多い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府舞鶴・宮津・京丹後
1月 2月 3月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP