たんごのあかがれい|京都府

丹後のアカガレイ

丹後では底曳網漁業を代表する魚で、子持ちガレイは刺し身が絶品

概要

丹後では”アカガレイ”を「マガレイ」と呼び、ズワイガニに次ぐ漁獲量があり、底びき網漁業を代表する魚だ。アカガレイの名の由来は、一緒に網にかかったカニやヒトデ類によって体全体が傷つき、赤く変色することから名づけられたが、近年は魚類だけをとることができる網が開発され、傷のないものが水揚げできるようになったようだ。アカガレイの特徴は口が大きく水深200m前後から1000mに生息していること。新鮮で大型の子持ちガレイは刺し身が絶品。煮付けにするとクセがなく、誰でもおいしく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 京都府舞鶴・宮津・京丹後
2月 3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP